口唇ヘルペスの原因と感染について

口唇(こうしん)ヘルペスは、唇や口のまわりに小さな水ぶくれができる病気です。

「風邪の華」とか「熱の華」などといわれてます。

これは、単純ヘルペスというヘルペスウィルスの中にあるウィルスが原因です。

この単純ヘルペスは、日本人の高齢の方ならほとんどのかたがこのウィルスに感染しているそうです。
でも感染しても単純ヘルペスを持ってることに気がつかない人も多くいます。
若いひとほど感染者は徐々に減っていますが、30歳前後の半数くらい感染してるそうです。

口唇ヘルペスは、初めて感染して発病する場合と再発によって発病する二つのパターンがあります。

直接 患部に触ったり、唾液でも感染します。

幼少期は、親から初めて感染したりしますが、症状が出たとしても軽くて済みます。
でも成人してから感染すると重症になりやすい傾向にあります。

再発は、年に2回くらいで、口唇ヘルペスのほとんどは、この再発によるものと思われます。

人の身体にはウィルスに対する免疫ができますが、普段は、神経細胞のなかに潜んでおり免疫力がおよばないのですが、風邪を引いて熱が出たり、ストレスを強く感じると免疫力が弱ってウィルスが活発になるのです。

このことから「風邪の華」とか「熱の華」っていわれるのでしょうね。
| 日記

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの初感染の場合は、口唇や口のまわりに広く約5ミリ強くらいの水泡が多くできて発熱、あごの下のリンパ節も腫れますが、体調で症状もさまざまです。

再発の場合は、一部分に限られて比較的軽症です。

口唇ヘルペスは、段階を経て2週間くらいで治っていくのが普通です。

まず水泡が先に出来てビリビリ、チクチクと変な違和感が皮膚に感じます。
何度も再発を経験してる人はすぐにわかります。

皮膚のかゆみ、ほてりなど違和感を感じて半日以内で赤く腫れてきてこの間にウィルスがセッセと増殖してる時期と言えましょう。

初期のこの頃に治療をすることをお勧めします。

次にこの赤く腫れたところに水泡ができます。
水泡は初感染では大きくて何度も再発を繰り返すと小さくなってきます。

水泡が破れてジメジメした患部に粘膜や傷ついた皮膚が触れると感染します。
間違って触ってしまった場合は、すぐに手洗いしてください。

女性のかたの口紅が合わなくてできる水泡は、唇全体に出来ますが、口唇ヘルペスは、一箇所にできるのが普通といわれています。
(ただし、初感染をのぞく場合)

その後かさぶたが出来て治るまで約2週間くらいです。ほとんど痕は、残らないですが、体力が弱ってると残ることもあります。
| 日記

口唇ヘルペスの治療法と薬

口唇ヘルペスにかかるとかゆいのは勿論ですが、
女性の場合 見た目も気になってお化粧で隠そうとしても症状が却って悪くなるので、だいたい2週間くらいで治るとわかっていても薬で一日も早く治療したいかたも多いと思います。

感染力が強いウィルスなので、早く治さないと他に感染するとこわいですよね。
そのためにも専門家の皮膚科に行くことをお勧めします。

病院に行くと 治療法としては抗ウィルス薬の投与や二次感染予防のために抗生物質を用いる場合があります。

でも病院に行く時間の無い方には市販薬のテレビCMでお馴染みのアクチビア軟膏もあります。

このアクチビア軟膏は、アイクロビルという医療用成分が含まれててウィルスの増殖を抑えてくれる強い味方です。

また初めて口唇ヘルペスになった方に市販で買える漢方薬「銀翹散」も良いそうです。
でもやはり的確な診断をしてもらったほうが安心ですね。

予防法としては、なんと言ってもストレスを抱えて体力や抵抗力を落とさないようにしてバランスの良い食事と十分な睡眠が一番です。

口唇ヘルペスは、感染力が強く家族間でもタオルなど一緒に使うことはしないで、洗濯したら出来る限り日光に当てましょう。

コップも要注意です。食器は、きちんと洗剤で洗いましょう!

患部は、清潔にして水ぶくれは破らないことです。
破ると痕が残ったりするので気を付けましょう。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。